我が家の近くでよく行くキャンプ場はだいたい砂利のようなサイトが多く、ゴツゴツしています。そうすると朝目覚めると体が腰が痛くなることが多いです。

もちろん対策はしています。我が家のテントはスノーピークのアメニティドームなので、それに合わせてスノーピークのインナーマットと銀マットを敷いています。芝サイトや土のサイトだったらこれで大丈夫なのですが、砂利だとちょっと硬いかも。。。しかもうちの旦那さまはぽっちゃり体型なのでかなり腰にきてました(笑)

ということで、コットもしくはインフレーターマットの購入を検討しました。

インフレーターマット

インフレーターマットというのは、中にスポンジが入っていて栓を開けて1時間ほど放置しておくと自動的に空気が入ってくるマットです。エアマットだと空気の出し入れが面倒ですが、これは手軽で、コンパクトに持ち運べます。

インフレーターマットは、サーマレストを検討したのですが、値段が多少高かったので保留。コットとも迷っていたので、まずどんなかんじなのか確かめてみたくて、安いインフレーターマットを購入してみました。

使ってみた感想としては、私はまぁまぁ良かったかなと思いました。安物で試してみたのでサーマレストの使用感とは全く違うとは思いますが、平均的な体重の方だったらいいと思います。問題は旦那さま。あまり改善されていなかったようです。

コット

コットとは、簡易ベッドのようなものです。ロータイプとハイタイプがあり、多様に使えます。天気がよければ、コットを外に出して日向ぼっこができますし、タープの中でちょっとした物置やベンチとしても使えます。コットも安いものから高いものまであり、高いものは軽量かつコンパクトとなっています。

我が家はドッペルギャンガーのワイドキャンピングベッドを購入しました!

このワイドキャンピングベッドは、その名の通り、ワイドな作りになっているので体の大きい旦那さまでも両サイドのパイプに肩があたらないです。また、サイドに小物入れがついており便利です。なによりドッペルギャンガーならではのカラフルな色使いで可愛いです!

使ってみた感想は、寝心地最高!でした。

包まれているような寝心地で、広さもあるので寝返りも楽々うてちゃいます。また、我が家のアメニティドームは天井が低いので、ローコットで圧迫感がなく、これにして正解でした。固めの布団がお好きな方は沈みすぎて嫌かもしれません。

Sponsored Link

まとめ

我が家にとっては、コットが大正解でした!

子どものお昼寝や日向ぼっこにも使えるし、意外と荷物置きに重宝しています。冬は地面からの冷気をシャットアウトしてくれるし、夏はスクリーンタープ内で涼みながら寝ることもできるので、楽しみです!