多くのキャンプ情報サイトに載っているアウトドアショップのWILD1。スポーツ用品店ではコールマンやロゴスなどの商品ばかりが陳列されていますが、WIDL1はコールマンはもちろん、スノーピークやノルディスク、ヒルバーグなどマニアックなブランドの商品も陳列されています。

私の住んでいる静岡にはWILD1はないため、WILD1に行くためだけに名古屋まで行ってきました!

WILD1とは?

栃木県宇都宮市に本社を置き、北関東や東北を中心に全19店舗を展開する、キャンプ用品やトレッキング、釣り用品を中心としたアウトドアショップです。

郊外型店舗のため店舗の規模が大きく、店内にテントが設営されていたりして商品を確認して購入できるます。

また、WILD1はただのアウトドアショップではなく、店頭でテントの設営講習会だったりキャンプイベントを開催したりして、初心者キャンパーのみならず、ベテランキャンパーにとっても新たな発見ができる場所となっています。

オリジナル商品も展開しています。「テンマクデザイン」という名前でタープや小物類などを販売しています。メーカー品に負けず劣らず素敵な商品を展開しています。個人的に気になっている商品は「takibiタープ」。その名の通り、タープの下で焚き火ができるという優れもの。雨の日でもタープの下で焚き火ができちゃいます。

2時間かけてWILD1まで行く理由

静岡にはWILD1がないため、近くの店舗といえば厚木店か名古屋守山店しかありません。どちらも距離的には同じくらいなのですが、名古屋守山店は2016年秋にオープンしたばかりだったのでこちらに行ってみることにしました。

店舗は広くきれいで多くの人で賑わっていました。店舗の半分近くがキャンプ用品で残りのほとんどがウェア中心に陳列されていました。

今回WILD1に行った目的はセールとスノーピークの新商品展示会イベントでした。タープをスノーピークの新商品にしようかと迷っていたため、実物をみてみたいと思い出かけました。

しかし、店舗をくまなくみてもどこにもスノーピークの新商品が展示されている様子はありません。再度HPを見てみると、別店舗での開催だった模様。。。しっかりと確認しないといけなかったですね。

何はともあれ、ここまできたし、セールだし!ということで気を取り直して商品をじっくり見て回りました。

冬キャンプ用のウェアや意外とどこでも発見できなかったパタゴニアとCHUMSのステッカーなどを選んでお会計をしようとしたら、素晴らしいものを発見しました。

それは、探し求めていたヘキサタープです!

スノーピークでもMSRでもない、「BIG AGNES」のタープです。結果、こちらを購入しました。

Sponsored Link

まとめ

こんなにキャンプ用品が充実しているショップはあまりないと言うくらい私達にとっては素晴らしい場所でした。約2時間ほど滞在してしまうくらい楽しかったです。

イベントは結局参加できませんでしたが、次回はちゃんと確認して参加したいと思います。近くにある方は、是非行ってみてください!