WILD1名古屋守山店で発掘した「ビッグアグネス」の「ディープクリークタープ」!

我が家はヘキサタープを持っていなかったので、ずっとヘキサを探し求めていましたが最終的にこのディープクリークタープを購入することとなりました。

ビッグアグネスとは?

「BIG AGNES」は、アメリカで高いシェアを誇るブランドの1つです。2001年創業とまだ歴史は浅いものの、軽量かつコンパクトで機能面を重視した商品を展開するアウトドアメーカーです。山岳用テントが有名で、軽量かつ居住性の高さから多くの愛好家がいます。

ディープクリークタープの魅力

独特な配色のタープでキャンプ場で目を引く存在となります。光にあてると黄色がきれいに映え、75デニールの厚みがあるので遮光性もしっかりとしつつ、タープの下にいても明るさを保っています。

重量は約3キロほどで軽量。しかもポール2本が付属していてこの重さです。収納ケースにはショルダーストラップもついているので持ち運びもラクラク。自在付きガイラインがついているので、すぐに設置可能です!

ディープクリークタープにはS、M、Lと3種類の大きさがあり、Sは4名Mは6名Lは8名ほどが入れる大きさとなっています。いずれもシーンに合わせた色々な張り方ができます。

Sponsored Link

ディープクリークタープを選んだ理由

まずタープ選びに重要視したのが、

①デザイン性

②遮光性の高さ

③希少性

④価格

この4点を重視しました。

以前記事にもしましたが、候補に挙がっていたMSRのジングとスノーピークのヘキサエヴォProアイボリーとどう違うのでしょうか?

MSRの欠点は②の遮光性。40デニールしかないので、夏は暑いともっぱらの評判。

スノーピークの欠点は④価格。機能面では最高すぎるので高いのは仕方がないとは思いますが。。。あと一つ理由があって、テントもタープも同じメーカーにしたくないという変なこだわりがあったこと。また、実物を見ていないのでわかりませんが、遮光性が高すぎるがゆえにタープの下が暗くなるという意見もチラホラ聞きます。アイボリーだとそれが解消されているのかもしれませんが。

ディープクリークタープは、重視した4点全て揃っています。③の希少性にかなり惹かれたのと、④の価格も最高でした!WILD1のセールで通常販売価格の半額で購入したのですから!

実際商品を持ってみると、ものすごく軽い!しかもコンパクトで場所も取らないし、アメニティードームの色味的にもピッタリ!

商品購入後にキャンプ場で試し張りをしてみました。

思っていたよりも落ち着いた色味で、広く開放的でした。付属の自在付きガイラインが使い物にならないという口コミもありましたが、見た感じ細くて頼りない感じではありましたが普通に設営できました。念のため自在とガイラインは丈夫なものを購入しています。

早く春になってこのタープを思う存分使いたい!と思う今日このごろです。