2017年よりスノーピークが運営・管理するスノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド(旧ポロシリ自然公園オートキャンプ場)に行ってきました!!

スノーピークが管理する以前より高評価だったキャンプ場。帯広市街地より車で45分ほどの距離なので帯広観光の拠点ともなり得る立地です。

では、ポロシリキャンプ場を紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

スノーピーク十勝ポロシリオートフィールド

場所:帯広市拓成町第2基線2-7

料金:フリーサイト 1張800円/20張分

オートサイト(電源なし) 1800円/31区画

オートサイト(電源あり) 3000円/13区画

トレーラーサイト(電源なし) 1800円/2区画

時間:チェックイン 13:00~17:00

チェックアウト ~10:00

どのサイトも追加料金800円で16:00まで延長できます。

キャンプ場の様子

帯広の市街地から車で45分ほどで到着。入り口を入ってすぐ左手に管理棟があり、ショップと併設されてある受付でチェックインします。

「人生に、野遊びを。」

素晴らしい言葉ですね!スノーピークっぽい!!

 

今回私たちはフリーサイトを予約しました。

場所はこんな感じです。

駐車場のすぐ脇にフリーサイトがあるので、早く行けばセミオートな感じでキャンプできます。

駐車場の近くが埋まっていても、荷物の積み下ろしの時だけ車を近くに止められます。

こちらは電源なしのオートサイト。公式HPでは7✕8mと書かれていますが、それ以上に使えるスペースがあると思います。

電源つきオートサイトとトレーラーサイトはこの広場の奥にあります。炊事場、トイレも電源付きオートサイトの近くに1棟あり、便利です。

広場には、大きな赤いボールがあり、子どもは上に乗ったり転がしたりして結構楽しそうに遊んでいました。

管理棟には、トイレ・シャワー室・手洗い場・ランドリーがあります。

入ってすぐ左側にシャワー室が2つ。

一般的なシャワー室ですが、キレイです。水圧が弱いのが残念なところですが、宿泊者は無料で使えます。

次にトイレ。入り口右側にあります。

 

温水便座付きトイレが3つ。キレイに掃除されています。

シャワーの並びに手洗い場。

石鹸も常備されており、お湯も出ます!朝の洗顔のときにお湯が出てくれるのはありがたいですよね!

一番奥には洗濯機と乾燥機、自動販売機があります。

1台ずつしかないのですが、こちらも無料で使えます。

自販機にお酒はなく、ソフトドリンクのみ。しかし、品切れが多いので、近くのスーパーや道中で多めに買ってくることをおすすめします。

受付兼スノーピークショップには、レンタルできるグッズが紹介されていました。こちらは公式HPに記載がないのでレンタルできないと思っていましたが、できるようです。

電源なしオートサイトとフリーサイトの炊事場は、この木に囲われたところにあります。

こちらもキレイに掃除されており、広くて使いやすいです。

炭捨て場はキャンプ場入り口のところにあります。

ちょっとわかりづらかったですね(笑)

スーパーは、車で5分ほどのところにAコープがあります。おそらく閉店時間は早いと思います。帯広市街地にたくさんスーパーがあるのでそこで調達してくることをおすすめします。

温泉は市街地の方まで行かないとありませんが、市街地にはたくさん温泉があります。おすすめは、「水光園」。施設はキレイで露天風呂もあります。レンタルタオルやシャンプー・ボディーソープなどもあり、手ぶらでも大丈夫です!HPはこちら→http://www.kita-no-sento.com/sento/1109/sp/

キャンプ場の近くには大きなパークゴルフ場があります。パークゴルフ道具の無料貸し出しもしています。

また、近くを流れる戸蔦別川は遊泳には向いていませんが、ニジマスやヤマベが生息しており、釣りが楽しめます。

Sponsored Link

まとめ

全体的にキレイにされており、とても過ごしやすかったです。

芝生はふかふかでとても気持ちよく、電灯も少ないため、星がキレイに見えました。

スノーピークの管理となってからまだ1年もたっていないため、これから改善するべきところはしていくようです。

例えば、炊事場でもお湯が使えるようにするとか、シャワーの数を増やす・水圧を強めるとか、年中キャンプできるようにするなどです。

今のところ、11月までのキャンプ受付をしているようですが、年中営業をめざしているようですので、HPを確認して営業しているかどうかを確認してください。

本当に過ごしやすいキャンプ場なのでキャンプ好きとしては年中営業してもらいたいですね!

Sponsored Link