ランタンは持っていたのですが、安物で全て暗い。

暗いので買い足して買い足して・・・結局テントのランタンも含めて4つに。

それでも暗くて家族みんなでヘッドライトまでしちゃって・・・。

何やってんだろうと思い、ちゃんとしたランタンを買おう!と調べてみました。

ガスランタンとガソリンランタン

我が家は、全て電池式のLEDランタンのみ使用してきました。

やはりLEDランタンでは明るさが足りないし、キャンプの雰囲気もでないので、思い切ってガスかガソリンのランタンを買うことにしました。

大光量でメインライトとなりうるランタンで評判なのが、コールマンのノーススター。

燃料がガス缶タイプとホワイトガソリンタイプがあります。

ガスランタン

市販のガス缶を使用するランタン。ホワイトガソリンに比べてコストは割高だが、事前準備としてマントルの空焼きをするだけなので手軽に使用できる。

2500ノーススターのスペック

●明るさ:約320CP/200W相当(レギュラーガス使用時)約1,543lm(ルーメン)

●燃焼時間:約4~8時間(470g缶使用時)

●本体サイズ:約φ14.5×26(h)cm

●重量:約 1.3kg

●価格:11880円

ガソリンランタン

ホワイトガソリンを使用すうランタン。コストパフォーマンスはいいが、ポンピングが必要で使用時に手間がかかる。

●明るさ:約360CP/230W相当

●燃料タンク容量:約940cc

●燃焼時間:約7~14時間

●本体サイズ:約φ17.3×34.3(h)cm

●重量:約1.8kg

●価格:23544円

2500ノーススターに決定しました!

明るさは、ガソリンランタンのほうが明るいようですが、手間を考えるとやっぱりガスランタンになっちゃいました。慣れたら問題ないのでしょうが・・・。

また、同時にツーバーナーも購入したのですが、そちらもガス缶使用の方を購入したので、燃料をあわせたほうがいいと思い、ランタンもガスランタンにしました。

長期的に見るとホワイトガソリンのほうが安いでしょうが、本体価格に1万円ほど価格差があるので、それも決め手の1つです。

Sponsored Link

使ってみた感想

すごく明るい!!!!

もうこの一言です笑

なぜ今まで買わなかったのか不思議です。

事前準備のマントルの空焼きはドキドキしたし失敗もしましたが、なんとか成功しました!動画を見ながら注意深くやれば大丈夫だと思います。マントルの空焼きだけで結構神経使ったので、ガソリンだと毎回ポンピングをやったりして神経使うのかなーと思うと割高だけどガスランタンにしてよかったかなと思っています。

火を強くするとボーッという火の燃える音が大きくなりますが、それもまたキャンプらしくていいかなと。

なにより火の明るさがLEDの明るさより柔らかくていい!最高の買い物でした!