先日アルペンで購入したコールマンのパワーハウスLPツーバーナーストーブ2を使ってみました!

ツーバーナーといってもホワイトガソリンとガス缶の2種類がありますが、私が購入したのはガス缶の方です。

その違いについても書いていきたいと思います。

ホワイトガソリンとガス缶のツーバーナーの違いは?

以前、ランタンを買った際に説明させていただきましたが、再度説明します。

ホワイトガソリンのツーバーナーは、安価なホワイトガソリンを使用するため、年に何回もキャンプに行かれる方には経済的に良いでしょう。しかも、外気温が下がっても、ガス缶より火力を維持できるのも特徴です。デメリットとしては、使用する際にポンピングを行うなど一手間が必要。しかし、それほど難しい作業ではないようです。また、重量がありかさばります。

ガス缶使用のツーバーナー(今回私が購入したのはこちら)は、ガス缶を取り付けるだけで簡単に着火できます。また、厚さも7cmほどでコンパクトに収納できます。デメリットとしては、ホワイトガソリンよりも値段が高く、外気温が下がると火力が一定しないことです。少し割高にはなりますが、ガス缶も「レギュラー」と「スーパー」があるので、スーパーを使用すれば、外気温が低くても火力が安定しやすいです。

ツーバーナーを使用した感想

初めてこのツーバーナーを使用したのが買ってすぐの11月。11月でも日中は気温が暖かかったので、「レギュラー」のガス缶で挑みました。

初めての料理はお鍋(笑)。もう片一方は、ライスクッカーでご飯を炊きました。

感想は、やっぱり便利!!!

以前は、カセットコンロとシングルバーナーを使用していましたが、シングルバーナーに鍋やライスクッカーを置くと大きすぎてどうも不安定。なので基本的にはカセットコンロのみを使用していました。

2口あることで、家と同じ感覚で調理できます。火力も問題なく、レギュラー缶でも問題なくいけました。(このときは)

もちろん、もう少し寒くなればスーパー缶を使用します!

それにしても、料理の幅が広がりますね。少し凝った料理も出せそう★

Sponsored Link

まとめ

今回このコールマンのツーバーナーを買って大満足でした!

持ち運ぶのにもコンパクトで場所も取らないし、使いたいときも、風よけを組み立ててガス缶をセットするだけでもう調理ができます。

調理の仕方次第ですが、ガス缶2本で2泊分は余裕で作れます。

先程もかきましたが、料理の幅が広がるので、年に何回もキャンプに行かれる方や、グループでキャンプに行かれる方には本当にオススメしたいものの1つです。