そろそろ夜も寒くなって暖を取らないとやっていけない季節になってきました。

初めての冬キャンプ。寒い思いはしたくない!との思いで、電源付きのサイトがあるキャンプ場を探していると見つけました!

静岡県掛川市にある「ならここの里キャンプ場」。日帰り温泉施設も併設されている山奥のキャンプ場です。

今回はこの「ならここの里キャンプ場」についてお伝えします・

ならここの里キャンプ場とは?

静岡県掛川市の山間部にある、森と清流に囲まれた自然豊かなキャンプ場です。

バンガロー27棟、コテージ5棟、オートキャンプ100台(うち区画サイト24区画)あります。

料金は、フリーサイトが2500円+入場料150円/人、区画サイトが5200円+入場料150円/人、

バンガロー4600円~13600円+入場料150円/人、コテージは20600円~人数、時期によって金額が変わります。

チェックインは13:00~16:00、チェックアウトは10:00までとなっています。

体験記

まず、バイパスの西郷ICを降りてまっすぐいくと、途中から道がどんどん狭くなっていきます。キャンプ場近くは、車一台分ほどの幅しかなく、カーブも多いので気をつけて走らないと結構危ないです。カーブミラーも年季が入っていて見づらいですし。。。

ドキドキしながらも到着しました。

管理等で受付をするのですが、受付票がおいてあり、そこに予約した内容を記入し、受付に出します。スタッフの方の説明を受け、料金を支払います。

管理棟には薪や電池など色々なものが販売されているので、うっかり忘れてしまったものがあっても大丈夫です。

今回は電源付き区画サイト。管理棟の前の道路の反対側に位置します。

一番近いトイレは管理棟横。シャワー室も同じところにあります。もちろん、温泉に入りますが、温泉施設も管理棟から歩いて30秒ほど。全て近くにあるので便利です。

サイトは、芝と土の混ざったサイトです。当日の朝まで雨が降っていたので少し水たまりができていました。でも人が少なくてよかった^^

サイトの広さは少し広いかなーという印象でした。

区画サイト専用の炊事場が区画サイトの真ん中に位置しているので、どの場所からも炊事場が近くて便利でした。お湯はでないので、手袋したりお湯を沸かして手を温めたりしないとカチコチになっちゃいます><

お風呂は「ならここの湯」へ!

ここは、内湯と露天風呂が一つずつのシンプルな作りです。泉質もよく気持ちがいいです。また、露天風呂から満点の星空も見え、それが最高によかった!!

料金は大人(中学生以上)510円、子ども(3歳以上)300円とお値段も良心的です。

実は知らなかったのですが、当日であれば入浴し放題みたいです!!温泉好きにはたまらないですね!!

営業時間は10:00~21:00(最終受付20:00)となっています。

お風呂から出てすぐは風が心地よいのですが、ずっと外にいると持続はしないですよねー。

冬キャンプ用に購入したスクリーンタープを締め切って、石油ストーブをつけたらあら不思議!!

こんなに暖かいんですね!全然余裕で上着も脱げちゃいます!

もちろん換気は適度にしてますよ★

テントには石油ストーブを置けないので、我が家にあったオイルヒーター(デロンギ)を電源に繋いで入れました。

正直大丈夫かなと不安もあったのですが、暖かい!!余裕で寝れます!

水道は冷たかったですが、タープやテントの中はとっても暖かく、快適に過ごせました!

Sponsored Link

まとめ

サイトはちょっと広めなので、設営場所に困ることなく設置できました!

炊事場、トイレ、温泉が近くにあり、とても使いやすかったです。トイレは温水便座もあり、まずまずな綺麗さです。

スタッフの方の対応も良かったし、リピーターになりそうなキャンプ場でした!